東日本信販でお金を借りる前に!

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

東日本信販

 

東日本信販(本店は神田駅)でお金を借りる前に色々チェック!

 

東日本信販は、昭和53年創業の老舗の消費者金融です。
東京に2店舗を構え、首都圏を中心に融資実績も多く、柔軟な融資にフリーローンなど、ネットの評判も良いです。
1万円から50万円までのフリーローンでちょっとした少額融資に便利です。
1万円借りる方法

 

特徴的な点は、契約日から7日以内であればクーリングオフ制度を利用できることです。

 

引用:消費者は、契約から一定の期間内(8日間や20日間など)であれば、クーリングオフ制度により、理由を問わず無条件に一方的に申し込みの撤回、または契約の解除ができることになっています。

参照:クーリングオフ制度の概要

 

 

〈東日本信販の借り入れの条件など〉
  • 借入限度額1万円〜50万円
  • 10万円未満は実質年率20%
  • 10万円以上は実質年率18%
  • クーリングオフ制度が利用できる
  • 返済方式は、元利均等払い、 元金均等払い、期日一括払いから選択
  • お友達紹介キャンペーン実施中

 

お友達紹介キャンペーンは、1人紹介につき5,000円の謝礼金がもらえます。
紹介者がホームページ上から、「借入希望者紹介用紙」に借入希望者と紹介者の連絡先を記入し送信すれば、担当者がご紹介者へ連絡して紹介の確認をします。

 

東日本信販で融資申込した人の体験談と評判まとめ

必要最小限の金額で借りられました

妻から渡される5万円の小遣いは早々に尽きてしまい、ついにキャッシングで借りようと一大決心しました。1万円から借りられる上に、クーリングオフ制度も利用できるので安心かと思い、東日本信販に申込みましたが、無事5万円借りられたので良かったです。収入が多い訳ではないので早く返してまた節約しようと思います。(東京・公務員・45歳男性)

 

融資はしてくれましたがちょっと東日本信販は…厳しい印象です

クーリングオフ制度が利用できるというので、安心して申し込めると思って電話しました。結果から言うと無事融資してくれたので、助けられたのは確かです。困っていたので、融資してもらって一安心できたのは事実ですが、東日本信販の社員の人に結構細かく、厳しく言われて、凹みました。思ったより精神的にショックを受けて、速攻で完済しました。(東京・自営業・30歳男性)

 

駅から東日本信販の店の様子を見てネットで申込みました

東日本信販のお店は神田駅からすぐ近くにあり、あんまり怖くなさそうだったので、取り敢えずインターネットで申込みました。他で融資を断られてしまい、ヤミ金には手を出すわけにいかないし(参考記事→闇金の街金には注意が必要!【消費者金融一覧[街金含む]】)困っている時に見つけました。電話は男性だったのですが、怖い雰囲気もなく普通の応対でした。希望額より少なかったのですが、それでも助けられました。(東京神田・会社員・30歳男性)

 

転職して間もなかったので駄目と言われましたin東日本信販での借入体験談

東日本信販の審査に申込みましたが、審査の結果は審査対象外でした。派遣社員から、派遣先に正社員として転職して間もなかったので、確かに正社員としての勤続年数は1年未満となっています。でも職場としては2年以上あったので、その状況や、家の事情を一生懸命説明しましたが駄目でした。融通を効かせて欲しかったです。(東京・会社員・36歳女性)

 

転職後などの無職の期間にお金を借りた他の記事

 

東日本信販での申込みから融資まで

申込みは、インターネット、電話、店頭、携帯サイトから申込み可能です。
インターネットや携帯からの申込みであれば、東日本信販のWEBサイトで、申し込み専用画面へ進みます。
申し込みに際しての同意条項に同意した後、必要事項を入力し送信ボタンを押します。

 

電話での申込みであればフリーダイヤルにかけて申込みます。
受け付けは平日9時から18時で、必要事項を口頭で伝えます。
来店し店頭でも申し込み可能で、東京都内にある支店へ平日9時から17時30分の間に来店し申込みます。

 

その際、本人確認書類が必要になりますので、忘れないよう準備しましょう。
申し込み後は審査が行われ、無事審査に通過すれば契約内容の説明があります。
同意すれば契約書作成となりますが、インターネットや携帯サイト、フリーダイヤルでの申込みの場合、振込融資の後に郵送でのやりとりとなります。
店頭申込みの場合はその場で契約を締結し、その場での融資となります。

 

〈東日本信販で即日キャッシングを希望する場合〉

融資方法は店頭窓口か、振込融資のどちらかとなります。
即日キャッシングを希望する場合一番確実と言えるのは、直接店頭窓口へ出向いて申込み融資を受ける方法でしょう。
窓口営業時間内に、審査時間など考慮し余裕を持たせて来店した方が良いでしょう。

 

インターネットやフリーダイヤルでの申し込みでも、当日銀行振込が可能な時間までに契約が成立すれば即日キャッシングも可能と思われますが、必要書類の提出方法も記載がありませんし、確実とは言い切れない面があります。

 

東日本信販のポイントまとめ

融資、返済ともに、銀行口座振込か店頭窓口となっていますが、口座振込での返済は振込手数料が契約者負担になってしまいます。
また、来店での融資や返済を希望しても、東京都内やその近隣に在住・在勤の人でないと厳しいです。
実質年率も、金額によって2種類の固定で低いとは言いがたく、メリットは審査が柔軟である点とクーリングオフ制度です。

 

page top