足立成和信用金庫カードローンから即日融資はできる?

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

足立成和信用金庫カードローン

 


足立成和信用金庫カードローンから即日融資はできる?

東京都足立区に本店を構えている足立成和信用金庫は、足立信用金庫と成和信用金庫が合併して誕生した金融機関であり、「Σ(シグマ)バンク」の名で複数の信用金庫と提携関係にあります。
足立成和信用金庫カードローンは3種類あり、少額用の「しんきんカードローン」と300万円までの「プレミアム」「シグマキャッスル300」から選べます。

 

〈しんきんカードローン〉

  • ・利用限度額10万円、20万円、30万円、40万円、50万円
  • ・固定金利 年13.5%
  • ・パート等非正規社員でも安定継続収入で申込み可能
  • ・外国籍の場合は永住許可を得ていること
  • ・今回申込額および他金庫での利用を含めしんきん保証基金保証付き借入残高およびカードローン(極度額)の合計が2,000万円以内(住宅ローン除く)

 

〈プレミアム〉

  • ・利用限度額100万円、200万円、300万円の3コース(上限は前年度税込年収の1/2まで)
  • ・変動金利 年6.475%〜年8.475%(住宅ローンの利用で▲1.0%)
  • ・前年度税込年収300万円以上かつ継続安定収入
  • ・勤続2年以上または営業3年以上
  • ・足立成和信用金庫の営業地区内に居住または勤務の満20歳以上60歳未満
  • ・所得証明書が必要
  • ・ATMでの1日の利用限度額は原則50万円

 

〈シグマキャッスル300〉

  • ・利用限度額50万円〜300万円の10万円単位
  • ・固定金利 年9.8%〜14.5%
  • ・パート、アルバイト、専業主婦でも申込み可能(専業主婦は50万円)
  • ・住所、勤務先が当金庫の営業区域内にある

 

足立成和信用金庫カードローンの申込手続き

 

「しんきんカードローン」と「プレミアム」は、申込方法はインターネットを利用するか、
店頭・営業係に申込むかのどちらかになります。
「シグマキャッスル300」の申込方法は、インターネット、携帯電話、FAX、窓口で申込み可能です。

 

インターネットを利用し、パソコンや携帯電話で「シグマキャッスル300」に申込む場合は、
ホームページから「簡易審査」もしくは「仮審査」へ申込みますが、「簡易審査」は融資可能と判断されても続けて「仮審査」に申込みが必要です。(「簡易審査」をインターネットで行い、「仮審査」をFAXや窓口で申込むことは可能です。)

 

簡易審査通過後、正式な申込みおよび契約の手続きは来店が必須です。
取引希望店舗へ来店し、手続きを済ませたら専用カードは自宅に配達記録郵便にて郵送されます。
カードは全国の信用金庫やコンビニATMで利用可能です。

 

足立成和信用金庫カードローンでの即日融資に関して

即日融資でお金を借りたい時に、足立成和信用金庫カードローンは融資に関してはパートやアルバイト、そして専業主婦の方でもお金を借りるための申し込みはできるものの、借入までの時間に関しては、プロミス・アコムやレイクなどの消費者金融と比べて、スピードが遅いです。つまり足立成和信用金庫カードローンで即日融資での借入は不可能です。

 

足立成和信用金庫カードローンのポイントまとめ

 

足立成和信用金庫のカードローンは、3種類ともインターネットからも申込みができますが、
契約手続きには来店が必須であり、住所や勤務先が営業エリア内などの条件のある商品もあり、融資対象者が大きく制限されます。
「プレミアム」など住宅ローンの利用でお得な金利設定になる商品もあるものの、
有利な条件に当てはまる人はそう多くはないでしょう。
したがって、大抵の人の場合は他に、より有利な商品を探すほうが賢明と言えます。

page top