アルプス中央信用金庫カードローン今すぐ借りれる?

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

アルプス中央信用金庫カードローン

 


アルプス中央信用金庫カードローン今すぐ借りれる?

アルプス中央信用金庫は、2003年に伊那・赤穂の2信用金庫が合併して誕生した信用金庫であり、長野県伊那市に本店を構えています。
アルプス中央信用金庫で提供しているカードローンは5種類あり、
使いみち自由な資金の借りられる商品や、住宅ローン利用者向けの商品、また借換えに利用できる商品を取り揃えています。

 

アルプス中央信用金庫カードローンの特徴

 

〈あるしんカードローン〉

  • ・融資限度額10万円〜100万円の10万円単位
  • ・固定金利 年13.70%
  • ・パート、アルバイト、主婦でも30万円まで申込み可能
  • ・60万円以上は勤続(営業)2年以上で安定継続収入

 

〈きゃっする500〉

  • ・利用限度額10万円〜500万円(専業主婦は上限50万円)
  • ・専業主婦、パート、アルバイトでも申込み可能
  • ・固定金利 年5.50%〜14.50%

 

〈きゃっするVIP〉

  • ・利用限度額110万円〜500万円
  • ・年収300万円以上
  • ・アルプス中央信用金庫の住宅ローン利用者で残りの返済期間が5年以上
  • ・固定金利 年5.50%〜12.00%

 

〈WITH YOU〉

  • ・融資額50万円以上300万円以下の50万円単位(上限は前年税込年収の1/2)
  • ・前年税込年収250万円以上
  • ・住宅ローン利用者(他金融機関でも1年以上の実績があれば申込額200万円まで可)
  • ・固定金利 年5.00%〜6.00%(アルプス中央信用金庫の住宅ローン利用で年5.50%、22歳以下の子持ちは年5.00%、他金融機関の住宅ローン利用者は年6.00%)

 

〈切替プラン〉

  • ・融資限度額500万円まで
  • ・固定金利 年14.50%

 

アルプス中央信用金庫カードローンでの申込み手続き

 

アルプス中央信用金庫のカードローンは5種類もあり、申込み方法もそれぞれ異なっています。
住宅ローン利用者向けの商品である、「きゃっするVIP」と「WITH YOU」の申込みについては、来店申込みのみの受け付けとなっています。

 

「あるしんカードローン」の申込みにはインターネットが利用でき、
商品詳細ページの下部にある、パソコンモニターの画像をクリックし申込みできますが、
インターネットからの申込みは、申込み額が50万円までとなっています。

 

「きゃっする500」の場合はインターネット(パソコン、QRコードを利用した携帯サイト)、FAX、電話(平日9時〜18時)、来店申込みが可能であり豊富です。
「切替プラン」はFAX申込みが可能であり、商品詳細ページの下部にある、FAX番号と画像が書かれたリンクをクリックし、仮審査申込書を印刷し、FAX送信することで申込みできます。

 

アルプス中央信用金庫カードローンのポイントまとめ

 

アルプス中央信用金庫のカードローンは、申込みにインターネットやFAXを利用できる商品もありますが、契約時には来店手続きが必要となります。
住宅ローン利用者はかなり有利な商品もあり、魅力的ではあります。
全体的に申込み条件が多く、やはり来店の手間は大きなデメリットと言えます。

 

ネットで手続きが完結し、スピーディな融資が可能な商品を検討した方が良いと言えるでしょう。

page top