紀陽銀行カードローンでお金を借りる前に!

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

紀陽銀行カードローン

 


紀陽銀行カードローンでお金を借りる前に!

紀陽銀行は和歌山県に本店を構える地方銀行です。
実は和歌山県は体操のメダリストが多い体操王国で、紀陽銀行はかつては自らも体操部を有し、数多くのアスリートたちを世界へ送り出しました。
地域とのつながりを大切にする紀陽銀行では、キャッシュカードにローン機能をプラスしたカードローンを提供しています。

 

〈紀陽銀行カードローンの特徴〉

  • ・利用限度額10万円〜800万円まで
  • ・変動金利 年3.8%〜14.9%
  • ・住居または勤務先が紀陽銀行営業エリア内(東京支店を除く)
  • ・紀陽銀行の総合口座およびキャッシュカードの保有

 

紀陽銀行カードローンでの申込みから融資まで

 

申込みは、電話、FAX、ウェブ(パソコン・スマートフォン)からの申込みが可能です。
電話の場合は、フリーダイヤルで受付時間が平日9時〜21時まで、土日祝日は9時〜17時までとなっています。
FAX、ウェブでの申込みは24時間受け付けています。

 

ウェブから申し込むには、まず申込み画面で必要事項に入力し、仮審査の申込みをします。
申込み後は紀陽銀行から、自宅か勤め先に申込み内容の確認連絡があります。
仮審査が行われ、結果は郵送により連絡されます。

 

仮審査に無事通過すれば、正式申込書が郵送で届くので、必要事項を記入し、必要書類と共に返送します。
必要書類は、本人確認書類と健康保険証のコピー、借入額が100万円以上の場合、所得証明書類のコピーも一緒に同封します。
紀陽銀行の総合口座とキャッシュカードを持っていない場合、カードローン口座開設までに総合口座とキャッシュカードを作る必要があります。

 

正式申込書が銀行に受け付けられ、問題なく手続きが終われば「ご契約のしおり」が届き次第、手持ちのキャッシュカードで紀陽銀行や提携金融機関、ローソン、イーネット、セブン銀行等のATM・CDで利用可能になります。

 

紀陽銀行カードローンのポイントまとめ

 

このカードローンは、紀陽銀行の営業エリア内に在住・在勤している人が融資対象であり、紀陽銀行口座の保有も必要です。
金利は残念ながら銀行系カードローンでは高めの設定です。
利用限度額は最大800万円までと大口融資に対応していますが、そこまで多額の融資を受ける機会は滅多にないかと思われます。
他行でもっと低金利の商品を検討するほうが、返済総額も抑えられ得策と言えるでしょう。

page top