みずほ銀行カードローンでお金を借りる前に!

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

みずほ銀行カードローン

 

 

みずほ銀行カードローンでお金を借りる前に!
みずほ銀行カードローンは、銀行系でも金利の低さと、利用限度額は最高1,000万円までというトップクラスのカードローンです。
用途は自由ですから、大口融資でおまとめローンとして利用できますし、
みずほ銀行の口座があれば最短、即日利用可能です。
みずほダイレクトの利用で繰り上げ返済も楽々です。

 

〈みずほ銀行カードローンの特徴〉

  • ・利用限度額は10万円から1,0000万円まで
  • ・金利は変動金利で利用限度額に応じて年4.0%〜14.0%
  • ・利用限度額200万円以下まで収入証明書が不要
  • ・みずほ銀行の口座があればWEB完結申込みが可能
  • ・契約はみずほ銀行口座が必要
  • ・総量規制の対象外

 

収入のない専業主婦の場合は、夫に収入があることを条件に申込が可能になっています。
また、総量規制の対象外で、おまとめローンとして利用する際も年収の1/3という制限がありません。

 

みずほ銀行カードローンの申込みから融資まで

 

申込み方法は、WEB完結、インターネット、電話、郵送、銀行窓口があります。
みずほ銀行カードローンの融資までの流れは、みずほ銀行口座を持っているか持っていないかによって違ってきます。
また、銀行のキャッシュカード兼用型とカードローン専用型とを選べます。

 

申込み自体は、ネットでサイトの申込みフォームを開き、
同意事項に同意したら希望限度額を選択後、個人情報を登録して申込みが完了します。

 

〈みずほ銀行口座を持っている場合〉

申込み後は審査が行われ、メールにて審査結果の回答があります。

 

別途、必要書類登録用URLが送られてくるので、本人確認書類や収入証明書をカメラ撮影し、登録用URLに画像をアップロードしますが、
みずほダイレクトを利用している、または通帳を用意できれば、利用限度額200万円までは原則書類の提出が不要です。

 

カードローン口座開設の連絡があり次第、キャッシュカードですぐ利用可能になります。

 

〈みずほ銀行口座を持っていない場合〉

申込み後に審査があり、メールでの仮審査結果の回答までは口座有りの場合と似たような過程ですが、
審査回答後は、本申込書類の送付・返送となり、カードローン口座の開設とカードの送付となっており、カード到着後に利用可能となります。

 

〈返済方法〉

返済方法は、返済用普通預金口座からの自動引落、ATMでの任意返済、みずほダイレクトの利用があります。

 

基本的には、毎月10日(銀行休業日の場合はよく営業日)に、返済用口座からの自動引落しになっており、みずほ銀行のATMや全国の提携コンビニATMからは手数料はかかるものの任意返済ができます。

 

また、みずほ銀行でのインターネットバンキングやモバイルバンキング、テレホンバンキングが1つの契約で利用できるサービス「みずほダイレクト」を利用することで、バソコン・スマホ、携帯、固定電話のいずれからも手数料無料で返済できます。

 

 

 

 

page top