のと共栄信用金庫カードローンで借入手続きの前に!

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

のと共栄信用金庫カードローン


のと共栄信用金庫カードローンで借入手続きの前に!

 

のと共栄信用金庫は、2003年に、能登信用金庫と共栄信用金庫が対等合併し誕生した信用金庫であり、石川県七尾市に本店を構えています。
のと共栄信用金庫では、5種類のカードローンを提供していて、
融資額の大小や、パート・アルバイトでも申込可能な商品、インターネットやFAXで申込可能な商品などから選べます。

 

のと共栄信用金庫カードローンの特徴

 

〈カードローン〉

  • ・融資額30万円、50万円、100万円
  • ・パート、アルバイト、主婦等は30万円または50万円
  • ・インターネット申込みの場合50万円
  • ・固定金利 年13.700%(最大引下幅適用後 年11.7%)

 

〈ニューらくちんポン〉

  • ・融資額20万円、30万円、50万円
  • ・パート、アルバイト、主婦等は30万円が限度
  • ・契約時年齢が満20歳以上63歳未満
  • ・固定金利 年14.500%

 

〈リザーブローン〉

  • ・融資額50万円以上300万円以下の50万円単位
  • ・勤続(営業)1年以上
  • ・安定継続収入かつ前年税込年収150万円以上
  • ・変動金利 年8.150%
  • ・年収確認書類(申込額50万円以下は不要)

 

〈のとしんきゃっする〉

  • ・利用限度額10万円以上500万円以内の10万円単位
  • ・年金収入のみは不可
  • ・専業主婦でも配偶者に安定収入で申込み可
  • ・固定金利 年5.000%?14.500%

 

〈教育カードローン〉

  • ・申込人の子弟等の就学にかかる学校等への納付金および就学にかかる付帯費用
  • ・融資額 @当座貸越期間(対象の子弟が就学前および就学中):50万円以上300万円以下の10万円単位、
  • A証書貸付期間(対象子弟が卒業後):300万円以内(卒業時の当座貸越残高で1万円単位)
  • ・変動金利 年4.300%

 

のと共栄信用金庫カードローンでキャッシングの申込み手続き

 

のと共栄信用金庫のカードローンは、「教育カードローン」以外、パソコン・スマートフォンから、インターネットまたはFAXでの申込みが可能です。

 

ホームページより「ローン仮審査お申込み(インターネット・FAX)」のページを開き、
ローン商品を選び、各画面の案内に従って手続きします。
FAX申込みでは、仮審査申込書を印刷してFAX送信するため、プリンターも必要です。

 

「教育カードローン」についてはこの申込みページに掲載されておらず、
カードローンではない「教育ローン」「奨学ローン」であればインターネット申込みが可能です。

 

仮審査通過後は、正式な申込み・契約のため取引希望店に来店する必要があります。
必要書類や届出印などを持参し店舗窓口で手続を行います。

 

のと共栄信用金庫カードローンのポイントまとめ

 

のと共栄信用金庫のカードローンは、5種類もあり、インターネットやFAXの利用で来店することなく申込みが可能な商品が多いですが、
最終的に、契約のために来店が必須となっており、時間と手間がかかってしまいます。

 

「カードローン」や「リザーブローン」「教育カードローン」はお得な低金利設定ではありますが、平日の昼間に来店できない環境の人は少なくはないでしょうし、
正直、メガバンクなど利便性が高くより有利な商品を検討しても良いと考えられます。

 

 

page top