高岡信用金庫カードローンから即日借入する前に!

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

高岡信用金庫カードローン

 


高岡信用金庫カードローンから即日借入する前に!

高岡信用金庫は、大正12年に創立し富山県高岡市に本店のある金融機関で、
「たかしん」と呼ばれ親しまれています。
高岡信用金庫では、「カードローン」「たかしんきゃっするプラス」「教育カードローン」の3種類のカードローン商品があります。
予定外の出費やちょっと足りないときに重宝し、生活を支えます。

 

富山県での即日借入は?

高岡信用金庫に限らず、即日借入を利用するのは信用金庫では結構難しいと言われています。

 

〈カードローンの特徴〉

  • ・融資額30万円、50万円、100万円
  • ・100万円コースは勤続(営業)2年以上
  • ・100万円コースは所得確認書類が必要
  • ・固定金利 年12.500%

〈たかしんきゃっするプラスの特徴〉

  • ・融資額50万円以上300万円以下の10万円単位
  • ・固定金利 年8.500%〜14.500%
  • ・専業主婦でも上限50万円まで申し込み可能(配偶者が満69歳以下の安定継続収入)

 

〈教育カードローンの特徴〉

  • ・融資額50万円以上300万円以内の10万円単位
  • ・固定金利 4.500%(在学中)、4.170%(卒業後)
  • ・運転免許証の他に所得証明書類、合格通知書等が必要
  • ・在学中はカードローン(当座貸越)とし、卒業後に証書貸付に切り替え

 

高岡信用金庫カードローンでの申込み手続き

 

高岡信用金庫のカードローンへ申込む場合、商品により申込み方法が違ってきます。

 

「カードローン」の場合はインターネットでの仮審査申し込みと、スマートフォン専用仮審査申し込みから選び申し込みます。
「たかしんきゃっする」では、インターネットの他に、電話(フリーダイヤル平日9時〜18時)、FAX(フリーコール)での申込みが可能です。
「教育カードローン」では、店頭窓口での来店申込みになります。

 

「カードローン」も「たかしんきゃっする」も、インターネットでの申込みの場合、
ホームページより商品紹介ページを開き、申込画面の案内に沿って申込みをします。
「たかしんきゃっする」のFAX申込みの場合は、ホームページより仮審査申込書をダウンロードし、記入したものをFAX送信して申し込みます。

 

いずれの商品でも仮審査に申込むと、申込内容の確認等の電話連絡を受け、所定の審査後、審査結果の連絡があり無事通れば本申込みのため来店し、手続きを行います。つまり、手続きなどの関係上、即日借入でお金を借りたい時にはもっと手続きがスピーディーな消費者金融に申し込む方法のほうがオススメといえます。

 

高岡信用金庫カードローンのポイントまとめ

 

高岡信用金庫のカードローンは、3種類とも高岡信用金庫の営業地域内に住居または勤務先があるといった条件が含まれており、融資対象が大幅に制限されています。
また、仮審査通過後は、本申込みの手続きのため来店が必須であり、
仮審査申込がインターネットやFAXで可能なのに本申込みで時間や手間がかかります。

 

「カードローン」「教育カードローン」は金利設定が低くかなり有利なため、
平日の昼間、営業時間内に来店できる環境にある人なら、ぜひお勧めの商品です。
反対に、仕事など昼間に時間の融通が効かない場合は、メガバンクなど利便性が高く有利な条件の商品を検討することをお勧めします。

page top