大和信用金庫カードローンで即日キャッシングする前に!

借り入れ可能か3秒診断できる大手サービスもあります


「どこでお金を借りようか・・・?」 と悩んでいる方へ。



全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

無記名の3秒診断が便利!


プロミスは借り入れ可能かの3秒診断が「無記名でできる」のがとても便利です。借りられるようなら正式に申しこめば良いので、まずは、簡単3秒診断だけでもしてみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは テレビCMでも有名な消費者金融で、実は、銀行などから借りるよりも借入までの時間が短く済むケースも多いのです。

最短1時間融資の素早さが魅力


スマートフォンから申込・審査・契約ができて、最短1時間でお金を手にすることができるというスピーディーさが、他の借入先よりも優れています。

利息も安い


利息に関しても、他の大手消費者金融と比べても低金利ですし、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、初めてプロミスで借りる方なら30日間無利息でお金が借りられます。

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

◎→プロミスの公式サイトはコチラ

大和信用金庫カードローン

 


大和信用金庫カードローンで即日キャッシングする前に!

大和信用金庫は、奈良県桜井市に本店を構えている金融機関です。
4種類のカードローンを提供しており、専業主婦でも申込可能な商品や、住宅ローン利用者には金利が優遇される商品などがあり、お得に利用することも可能です。
年収や勤続年数などの条件がありますが、安定継続収入があれば問題なく申し込みできる範囲です。

 

〈やましんカードローン〉

  • 融資額30万円〜200万円の5種類
  • 居住年数2年以上(本人持家は1年以上)
  • 前年度税込年収200万円以上で歩合給ではない
  • 無担保の借入5件以下、かつ500万円以下で年収の50%以内
  • 返済の比率が30%以内(住宅ローン利用者は40%以内)
  • 直近3ヶ月以内に複数のローン申込みがない

 

〈Neoカードローン〉

  • 融資額30万円、50万円
  • 変動金利 変動金利型住宅ローン金利+7.5%
  • 申込時年齢満20歳以上50歳未満
  • 居住年数2年以上(持家の場合はこの限りではない)
  • 勤続年数1年以上
  • 前年度税込年収200万円以上の給与所得者(歩合給ではない)
  • 無担保の借入件数5件以下
  • 直近3ヶ月以内に複数のローン申込みがない

 

〈カードローンFit〉

  • 融資額30万円〜300万円
  • 金利 年6.8%〜9.8%
  • 申込額100万円から所得確認書類が必要
  • パート、アルバイトでも配偶者に安定収入があれば申込可能
  • 勤続(営業)年数2年以上

 

〈カードローンSmiles〉

  • 融資額50万円〜300万円の4種類
  • 変動金利 年3.0%
  • 大和信用金庫の住宅ローン利用者
  • 勤続1年以上または営業2年以上

 

大和信用金庫カードローンでの申込み手続き

 

大和信用金庫のカードローン4種類のうち、
「やましんカードローン」と「Neoカードローン」の2種類は来店申込みのみの受け付けとなっていますが、
「カードローンFit」と「カードローンSmiles」の2種類については、オンラインとFAX申込みの2通りの申込み方法があります。

 

ホームページより商品詳細ページにアクセスし、「オンラインでお申込み」または「FAXでお申込み」のどちらかをクリックし、同意事項に同意のうえで申込みします。

 

オンラインの場合はWeb上で必要箇所に入力し、
FAXの場合は仮審査申込書を印刷し、記入したものをFAX送信することで申込み手続きとなります。

 

仮審査の結果が承認となれば取引希望店へ本人が来店し、
改めて正式な申込みと契約手続きを行いローン実行となります。

 

大和信用金庫カードローンのポイントまとめ

 

大和信用金庫のカードローンは、いずれの商品も申込み条件が他社に比べ厳しく、
仮審査申込の時点か契約時か、いずれにしろ来店手続きが必須であり、
全体の印象としては面倒なイメージです。

 

圧倒的に低金利である「カードローンSmiles」も住宅ローン利用者に限られますし、
唯一「カードローンFit」は低めの金利設定ですが、やはり勤続年数の条件が含まれています。
条件をクリアしていて、かつ来店の手間も苦ではない場合は良いかもしれませんが、
大抵の場合はメガバンクやネット銀行などの利便性が高く有利な商品を検討した方が良いでしょう。

page top